りふらふ (TL1000RとSuper Sherpa)

プロフィール

かっしぃ

Author:かっしぃ
suzuki TL1000R
kawasaki Super Sherpa
alfa 156 SWの8輪生活。

バイク好き、クルマも好き
音楽も好き、ギターも好き
好きなもんだらけで
困っちゃうねぇ…
(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)

twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事一覧
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
welcome!
|д・) チラッ

先週可哀想な姿になったTL1000Rであるが、

平日はロクに構ってやる事も出来なかったので

やっと落ち着いて見れる時間を得た。

ひとまず洗車して泥落としを。





幸いコケた日の帰り道では

ピークで3速9000回転くらい出してた時もあったような気がするが

そんな状況でも、さして問題なく走っていたので

フォークやら何やらの面倒くさくてお金のかかりそうな部分は

とりあえず大丈夫だとしておこう。

この辺りは実走出来るようになってからの確認だ。





てことで、まずは乗れなきゃ仕方ない。

乗るのに支障を来しそうなのはまずここだ。



イメージ 1






ステップ&シフトペダル。

元々バックステップは

一度試してみようと

考えてたんで

いい機会になったとしよう。















こりゃ、無いとどうにもならんので、すでにオクで落札済み。

どうも出品者はお店のようだ。

ま、土日休みってのは一向に構わんよ。

それなら締め切り時間を金曜深夜(即ち土曜)に設定すんな!

って思うのはオレの気が短いのか?

結局対応が週明けになるから

土日を無駄にしてる気がせずにいられない。





あとはコレか。



イメージ 2








ウインカーね。

擦れたキズは


致命的でも無いんで

そのまま使うで良しとしよう。


















が、裏のマウントのネジ穴がポッキリと破損している。



イメージ 6









インナーカウル(ていうの?)を入手したいところだが

さあどうするか…















帰りの走りで、ずれたりはしていないようだったので、

裏からガムテ止めでひとまずやり過ごすか…

とりあえずオク出品待ちという事にする。






あとリアのナンバープレートと

リアウインカー兼ナンバーのベース部分。


ガードレールにヒットしたらしい。


こんなのは外して叩いて修復でいいだろ。






ただ走るだけなら上記3カ所でオッケーかな。


しかしそうもイカンのがバイク乗り。

問題は以下からのキズモノだ。















イメージ 7







哀れなりサイドカウル。




買った当初からタッチアップで立ちゴケキズの補修跡が

あった側なので

ラッキーだったかも。













イメージ 8







色の濃い部分は入手当初からの

タッチアップ跡。

結構広範囲に擦りキズ。



うーむ、一番の問題点だな。

自家塗装は正直自身が無い…













バッテリーのフタになる部分が最も色のはがれが大きく

擦れてえぐられている。

コレらもオクでまともなのを入手出来ればいいんだが、

赤カウルなんてのがそもそも見る機会に恵まれない…



イメージ 9









ついでにスライダー周辺に割れも頂いた。

スライダーは良く仕事をしたというべきか。

タンクにキズをもらう事無く、

カウルに付くはずのキズも

少なくしてくれたと思う。



カッコは良くないが、しばらくコレはコレで

そのままにしとくか…













で、やっぱりサイレンサーも…



イメージ 10









ま、こうなるよね。

キワの部分は仕方ないか…



筒のキズくらいは

磨いたら落ちないかな…











イメージ 11



なにげに面倒くさそうなのが

エキパイに付いた黒い跡。



ステップが無いから

くるぶし当たりで

踏ん張っちゃったんだね。







どうでもいいが

リアスタンドの赤い所の

ワイヤリングはオススメだ。








イメージ 3







その時の皮パンの溶けたジャージ部分。

いい通気口が出来た事にするw













イメージ 4



レバーも折れず、こんな擦りキズで

済んでるんだから良しとする。



ゆくゆくはクラッチマスターと共に

変わるはずだ。



いつになるか分からんけど…









イメージ 5





思いのほかガードの役を果たしてくれた

サイドスタンド。

こんなのは全然オッケー。

そのまま放置でもいいけど

気になりゃ磨いて色塗るか…













ザッと見てこんなところだろうか。

被害でいえばそんな重くは無いと思うんだが…





ヤッパリ問題はサイドカウルの色でしょうな。

案はいくつか…



1.新品購入

 ~まだ有るのか?価格は?



2.業者でキズ補修&ペイント

 ~これまた価格は?ステッカーの処理どうする?

 (右側も剥がして一新するかな…)



3.某格安カウルで新品

 ~おバカっぽいがラッキーストライクカラーは嬉しいな。

  ただ、追求するなら要タンクの塗装&一部のカウルが付属してなさそう









もうすでにこんな妄想で楽しんでいる訳だが

しばらく答えが出ないまま

現状で乗り回してしまいそうな予感…









ではまた。







ひとまず「ブログ村」っちゅうランキングに参加してみたよ。

ランク付けの仕組みがサッパリわかってないんだけど。

まあポチっとよろしくお願いします。



皆さんの「ポチッ」がブログ継続へのモチベーションになるんですぅ…


\¤\᡼\¸ 6\¤\᡼\¸ 7


スポンサーサイト
12 / 19 / 21:54 (Sun)
コメント (0) / トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

<< 早くこいこい… | HOME | 自戒の書(3) >>

トラックバック

http://kas7011.blog.fc2.com/tb.php/5-1fe26613