りふらふ (TL1000RとSuper Sherpa)

プロフィール

かっしぃ

Author:かっしぃ
suzuki TL1000R
kawasaki Super Sherpa
alfa 156 SWの8輪生活。

バイク好き、クルマも好き
音楽も好き、ギターも好き
好きなもんだらけで
困っちゃうねぇ…
(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)

twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事一覧
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
welcome!
|д・) チラッ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / --:-- (--)
/


さて、なんとか走行可能になったTL1000Rですが

まだビミョーに傷跡が残っている。



走る分には問題ないんだが、キモチ的に落ち着かなかったのがココ。



イメージ 1







スライダーの削れた跡ですよ。

せっかくカウルをキレイにしてくれたから

それに見合うものにしてやりたいと…















てことで物色した結果…



イメージ 2













カーボン柄になりました。
























正直こんなの、自分が破損して周りを助けるもんだから


カーボンである必要があるのか疑問だが、


なんか車体にカーボン柄が増えてきたもんだからノリで…







それよりも問題なのは、購入当初から付いていたスライダーと

取り付けの位置が合うのかということ。



多分現状のヤツは、形状から察するにレディーバードとやらの製品らしい。

今回のはモトコルサってことで、加工された穴にハマるかどうか

不安アリアリだったんだけど…













ベースになるパーツは全く同じカタチでした!




さらに使用されているボルトも共通ってことでこれは有り難い。



イメージ 3





左が新品モトコルサ製。

右は元々付いてた多分レディーバードの。



転けた時に曲がったらしいね。















イメージ 4






以前から付いてた方は先端だけ

大径になっていた分、


コケたときの仕事量としては

コッチが安心なんだろうけど、

もうコケた時のことは考えないw













幸いにして左サイドはバッテリーにアクセスするフタがあるおかげで

それを外して付け替えるだけ。



イメージ 5







はい、付いた!!

















右側はカウルを外して取り付けねばならん所であるが

無傷なうえにベースのパーツは同じなので

スライダー本体のみの付け替えで済ます。

こういった互換性は有り難いね。

他のメーカーに通用するかは分からんけど。









イメージ 6







ようし!

日曜は房総の方でも

行ってみるかな!!



















ではまた。









ひとまず「ブログ村」っちゅうランキングに参加してみたよ。

ランク付けの仕組みがサッパリわかってないんだけど。

まあポチっとよろしくお願いします。



皆さんの「ポチッ」がブログ継続へのモチベーションになるんですぅ…

\¤\᡼\¸ 6\¤\᡼\¸ 7




スポンサーサイト
02 / 05 / 23:05 (Sat)
コメント (0) / トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

<< さよならゲイリー… | HOME | いや~めでたいね! >>

トラックバック

http://kas7011.blog.fc2.com/tb.php/45-36d94758


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。