りふらふ (TL1000RとSuper Sherpa)

プロフィール

かっしぃ

Author:かっしぃ
suzuki TL1000R
kawasaki Super Sherpa
alfa 156 SWの8輪生活。

バイク好き、クルマも好き
音楽も好き、ギターも好き
好きなもんだらけで
困っちゃうねぇ…
(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)

twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
記事一覧
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
welcome!
|д・) チラッ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / --:-- (--)
/
大変ご無沙汰しております。
なんかもうすっかり書く意欲も失っちゃってましたわ。






れっかー_convert_20160218174454

去年の秋に金精峠に行ったんですけどね、途中で電圧が急に怪しくなってきたんで
急いで帰ろうとするも無残にエンスト。レッカーのお世話になりまして。



んで、「あー、こりゃお約束のレギュレク死亡ですかねぇ」なんて思い
ついでにMOSFET化しちゃいましょーと作業をしたんですけどね、
それでも理想の電圧が出ない……

TL仲間のすずどざ兄さんに実車を診てもらうなど、多くの方の助けを借りまして
その結果『ステーターコイル瀕死!』という結論に。






DSC_1690_convert_20160218180900.jpg

いろいろ訳あって放置期間を経てやっとのことで交換に踏み切りましたよ。
左が古いの、右が新しいの。見た目的には黒ずんでるけどオイルに浸かったりの変色なんで
「うひゃー!焦げてるぅ!」や「焼き切れてるぅ!」って言えるほど
わかりやすい変化は無かったw






DSC_1691_convert_20160218180927.jpg

作業自体は結構簡単。一番しんどいのは配線をフレームの内側に通し直すとこかなw
エンジンとの隙間が狭すぎんのよ。



作業終了後エンジン始動したらあっさりと理想の数値が出ましたわ。
軽く近所を走らせてみても大丈夫そう。






DSC_1709_convert_20160218181051.jpg

風が冷たくてくっそ寒い夜に復活祭(おしゃべりするだけw)を開催してくれまして
その為に長野からやってきた涼鶴ちゃんはすげぇとしか言いようがないwww
お土産までありがとなっ!






R0024224_convert_20160218191529.jpg

久々のTL1000Rはやっぱり楽しい。
他と比べて乗り易いとは言えない車体らしいが、
他をあまり知らないから比べようも無いw

その毒気が飽きさせない理由でもあるんだろうね。
まだまだ10年は乗れるなっw
そう簡単には乗り換えない(乗り換えるゆとりがない)ぜぇ!!



収入もここ数年右肩下がりでマジやばいw
遊ぶ余裕が有るかも問題だけど、まあ頑張りますよ。





ではまた。



ブログ村に参加しとります!全国のバイク乗りのブログがいっぱいあるんだなぁ。
このバナーを押したらほら…そこはステキなバイクの世界w

blog_import_4fbbbd75a3ea7.gif blog_import_4fbbbd761322c.gif   にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

もいっちょコッチもね。

バイク ブログランキングへ
スポンサーサイト
02 / 18 / 19:40 (Thu)
コメント (4) / トラックバック (0)

コメント

先週は乙でした!今度は凍結解除後にTLで行きたいと思いますのでよろしくお願いします(^ω^)

こんばんは(^_^)
無事直って良かったです、
もうすぐ春ですね(^_^)v

>涼鶴さん
すまん、レスというものをすっかり忘れるくらい
ブログ脳が死んでたw

今年は去年より走るぞー!

>R1000K3さん
うわあああああ!
ホント今更のレスでスイマセンっっ!!

まだまだ乗りますよー

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

<< さよなら156sw | HOME | 復活リハビリツーリング! >>

トラックバック

http://kas7011.blog.fc2.com/tb.php/377-a6554c3c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。