りふらふ (TL1000RとSuper Sherpa)

プロフィール

かっしぃ

Author:かっしぃ
suzuki TL1000R
kawasaki Super Sherpa
alfa 156 SWの8輪生活。

バイク好き、クルマも好き
音楽も好き、ギターも好き
好きなもんだらけで
困っちゃうねぇ…
(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)

twitter
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
記事一覧
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
welcome!
|д・) チラッ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / --:-- (--)
/
さて今日は軽めに。

なに?今日は山中湖でイベントやってるんだって?
行きたいのは山々なれど、チョットお仕事の追い込みでムリ。
それなのに作業の合間でこんなことやってっから進まねぇんだよなw



ちなみにこの主催は主に関東圏のバイク乗りなら行った事が有るだろう
バイク用品のお店、ナップスさん。



実はちょっとばかし、そのナップスさんのお手伝いをさせてもらいましてね。
間接的に伊勢原店の名物店長サンの目論見を聞きまして、そんな縁からやり取りを。



詳しくはここクリックで



まあそういうことだwww

今は始めたばっかりで伊勢原店のみらしいけど
音は全店舗にも渡すらしいので聴いていただければ。
(各店長さんの裁量次第らしいけどなw)


是非とも声に釣られて財布のヒモをゆるめてくださいよwww







なぷ子

話を持ちかけてくれた漫画家(webで見られるchampionタップに月イチ連載中!)
兼ラクガキストのまるよさんと
伊勢原店店長さんに感謝!!





ではまた。



ブログ村に参加しとります!全国のバイク乗りのブログがいっぱいあるんだなぁ。
このバナーを押したらほら…そこはステキなバイクの世界w

blog_import_4fbbbd75a3ea7.gif blog_import_4fbbbd761322c.gif   にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

もいっちょコッチもね。

バイク ブログランキングへ
スポンサーサイト
09 / 29 / 12:27 (Sun)
コメント (6) / トラックバック (0)
さて続き…なんだけど、前回言ったとおりカメラを構える機会を
ロクに作ってなかったからさ。特に面白い話も無いしね。
文章だけだとツラいでしょ。自分がヒトのブログ見にいったときもそうだもんw

今回のは完全に自分の為の記録だw
なのでスルーしていただければと。
あ、どうせなら下段のとこポチッてからでw



さて簡単ながら今回のツーリングの目標は達成した。
で、この後どうするかだ…

ひとまず山を下って再び国道へ。
「道の駅鳥海」に寄って少し今後の動きを考える。この時点で丁度お昼時。
売店でサザエ串、イイダコ串、すり身串を注文。かじりながらルート選びを。

あ、ここの食堂はお昼時でにぎわってたのも有るけど
なかなかに充実した感じで良さげだったな。



ノープランとは言いながら、実は海側をそのまま新潟方面に
行こうかな…というのを考えてたんだけど
結構な距離と単調そうな道、今ひとつその気にさせない。

それならばといつでも高速で脱出を計れそうな山形道に沿ったR112のほうがいいか…
うん、そうしよ。



ルートを決めたら少し気が楽になった。
じゃあ途中で酒田辺りの観光でも…と思い
港のほうに出てみたり、倉庫群を川向こうから眺めたり…
なんてことをしてたんだけど、特にバイクを降りるでもなく
「このスタイルは全く観光じゃねぇな」と自分にツッコミ入れながら酒田を退散w

一瞬クラゲで有名な水族館でも寄ろうかと思ったけど
どうせゆとりも無さそうなのであきらめ。
そのままR112になだれ込みひたすら山形方面へ。

この時点でも爽快な青空。頂上までクッキリ見える月山、湯殿山…
気持ちよく走ってたところにチョットした事件が起こった。


なんかメーター周りを見ると、視界にいつもと異なる状況が目に入る。
後付けで追加した電圧計。普段は電圧の表示が常時点灯なんだけど点滅状態に。
しかも数値が11.2v~11.4v辺りを行ったり来たり…


「えっ!?なにそれ、なんかおかしいの???」







IMGP0564_convert_20130927202244.jpg

(コレが問題の電圧計。普段のign onで大体この位。
 コイツの数値のおかげで精神的疲労がハンパなくなるとは…)
 

それに自宅から遠く離れた山形県、正直コレは焦る!

しばらくTL1000Rに乗ってればわかるけど
コイツの泣き所はロリダンだのガチムチフレームなんかじゃなく電気系だ。

知らずのうちにレギュレターパンクでしばらくしたらエンジン掛からずとか
スカイツリーの近くでバッテリーあがってレッカーとか
大変な思いをしたハナシをホントよく聞くw

なんとか押しがけにトライして掛かったっていう御仁もいるらしいが
自分は絶対にムリ、やりたくないっすよw



と、そんな大変な状況にならないよう設けたのが電圧計な訳で
コイツが異常な数値を出し始めたら大慌て。

そんなこと言ってても、とにかく進まなきゃ仕方ない。
道中で数値とにらめっこしながら確認すると
8v台に突入したり、一気に12.7v~12.8v辺りで落ち着いたりと
とにかく節操がない状況。


実はこれと別に電気系のトラブルを思わせるような状況が
この前の房総に行った時にも有って
メーターの液晶バックライト2個が同時に死んじゃったりしたんだよね。
直接の関係は無いにせよ、TLがどこかに電気系のトラブルを抱えてそうっていうのを
刷り込まれてたんだよね。



この時点で考えられる原因はいくつか。

*レギュレター御臨終
*信頼ならないショーライバッテリーの異常
*電圧計の異常

こんなとこだろうけど、通常走行時に出そうな13.4v位すらも届かないあたり
「ん~レギュレターがイカれちまったかな…」とか思いはじめる。



もしそうだとしたら、長居はマズい。
バッテリーが生きてるうちに、せめて家には辿り着きたい。

2回位はガス入れでエンジン切らなきゃイカンし
その時にセル廻んなかったらヤバいよな…

とはいえトイレにも行きたくなっちゃうし
適度に休みもとりたいから、極力寄り道を控えていくことにする。



で、どうにもガマンできなくなったんで「道の駅にしかわ」で休憩。
試しに切った直後にセルを回してみるが、特に異常な感じがしない。


となると、電圧計?
ん〜、テスターでも持ってりゃ判別出来るだろうけど、
んなもん持っちゃいないしw







DSC_0187_convert_20130927203351.jpg

おやつ代わりに玉こんを1串。
山形県内に入ったなら、必ず食わねばならぬこのウマさw

…とかやってると、今まで散々青空だったクセして
一気に雲行きが怪しくなる。進行方向の空もどんより…

なんかイヤな予感がするんで、ここからはスッ飛ばしていこう。
ガス満タンにして最寄りの山形道西川ICから高速へ。


ん〜、どの辺りだったかな。とにかく山あいのトンネルを抜けたら雨!!
結局いつでも降られんだよな、ここ最近はwww

とはいえ東北道に入る頃にはあがってくれた。
しかしここからは東京に向けて渋滞との戦いのはじまり。
東北道国見SAで小休止の後、手始めに17キロw

以降もダラダラとしたペースで白河付近から本格的な断続渋滞。
渋滞渋滞渋滞渋滞〜チョット流れて〜渋滞渋滞〜流れて(ry
ほぼそんな繰り返しのまま浦和まで…(lll′-`lll)

ホント勘弁してくださいよ…まあクルマでハマってないだけ増しだけどさ。

結局その間、安積PAでガス、上河内、蓮田と休憩をとって無事帰宅。
停車した後のセルも普段と変わらず、結局取り越し苦労な感じに終わっちゃった。



じゃあ原因は何だったのか?
実は道中気になったところをいじったら
大きく数値に動きが有る事を発見した。





正体は電圧計のボディーアース配線の接触不良!




ほぼこれで決まりwww
おいなんだよそれ、くだらねぇな。

今までこんな症状出た事なかったからねー
でも、こんなつまらん部分でも出先で起こるとビビるよ。

つぶやきでお騒がせした皆さんスンマセンでした(*ノω・*)
けど、休みには一応テスターあてがってみようかな。

*ショーライという爆弾
*熱がこもる場所に配置されたアツアツなレギュレター
*15年を過ぎたハーネス

こんなのをを抱えてる限り、電気系の不安はいつになっても拭いきれないのよw




ではまた。



ブログ村に参加しとります!全国のバイク乗りのブログがいっぱいあるんだなぁ。
このバナーを押したらほら…そこはステキなバイクの世界w

blog_import_4fbbbd75a3ea7.gif blog_import_4fbbbd761322c.gif   にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

もいっちょコッチもね。

バイク ブログランキングへ
09 / 27 / 20:45 (Fri)
コメント (10) / トラックバック (0)
よーし、んじゃ2日目いこ。


6時のアラームで目覚めスッキリ。準備してアウトしたのが6時半。
もう行く場所は決めてたし、そこまでのルートも頭に叩き込んでたから迷うことも無しw

んでね、こういう時に限ってマップル忘れてやんの(´・ω・`)
スマホは便利とはいえ、ルートの全体像を把握するのはやっぱり地図が好きだな。



特に面白みが有るでもないR13を更に北へ、世間はカツアゲ週間だから
なんとなく警戒はするものの、のぼりをチラホラ見る程度で
都内みたく道沿いに張り付く人影を見ることも無い。


銀山温泉だとか肘折温泉なんていう名前だけは知ってて
行ったこと無いけどいつかは行ってみたい温泉の看板を目にしつつ黙々と進む。

タイトルのとおり、今回の目標は鳥海山。

日本海側に出るにはいくつか道があるけど
最上川沿いで向かおうと思ってたからR47でさらに進む。







IMGP0458_convert_20130924221923.jpg

なにがいいって、丁度この時期は田んぼがキンキラでさw
ちょっと国道から横道に入って目標の鳥海山をバックに。


やっぱお米は主食だからね。ゴハン大好きっすw
単体でもウマいクセして、おかずの味を受け止めて更にウマさを増しちゃうんだもんなwww
よく農業の中でも稲作は大変なうえに儲からないって聞くけど
もっと優遇してやってよ、どこかの誰かさんはさ。
でも価格に反映されない形でおながいしますw



んなことは置いといて、先を急ごう。
鳥海山以外はノープランとはいえ
ここまで来ちゃうとさすがに東京まで帰るのも不安になってくる。


R7に入って秋田方面へ。昨日世話になったゲットハッピーさん曰く
「秋田側から登っていったほうが面白い」とのことなんで、
そのまま象潟まで向かって「道の駅象潟」で一服。






IMGP0470_convert_20130925140502.jpg

実はこの辺り、10年以上前にCRMに乗って来たこと有るんだな。
そのとき以来なんだけど、ここに寄った時のデカい道の駅だなぁっていう記憶が残ってる。
目の前が海でさ、キャンプの連泊でここのお風呂に救われたんだよなぁw

けど、今回はあまり時間も取らずサクッとデッパツ。
お待ちかねの鳥海ブルーラインへ。

……なんだけど、ここまでの道がそう楽しくもない国道続き。
このまま登っていっちゃうのもなんだかな…と思いチョット横道へ。

青看板を見ると「鳥海グリーンライン」てのが有るのね。
なんとなくその案内に任せて快走…
あーここは走りやすくてキモチいいわw







IMGP0473_convert_20130925140727.jpg

寄り道のおかげでこんな風景。天気はいいし最高のタイミングで来たな。







鳥海山1

山形、秋田のナンバーや新潟ナンバーあたりをよく見かけたかなぁ。
そりゃこの辺りだったら定番スポットになるのも納得だわ。


しかしここで落ち着いてマップを見てみると
このまま行ったら由利本荘のほうに抜けちゃうらしい。
さすがにそこまでのタイムロスはよろしくない。

かといって戻るのもなんかイヤ。単にUターンをしたくないだけなんだけどさw
試しにスマホナビ案内させると、すぐ先の横道から来た道の途中に抜けられるらしい。

んじゃそれに任せてみるか……ってのが大間違い。
序盤こそ良かったものの次第に道の様子が…







DSC_0184_convert_20130925142252.jpg

おい!今日はシェルパじゃねーんだよ!!

なかなかに荒れたダートをしばらく走る羽目にwww
まあ、こんなのも面白いけどね。
ソロだから許せるけど、キレイなカスタムの仲間でも引っ張ってきたら袋叩きだなw

そんな道も無事通り抜けてブルーラインに復帰、軽快に標高を上げていく。







IMGP0545_convert_20130925142927.jpg

いやぁ〜いい眺めだ。しばしの間、ボケーッと休憩。
けど、そんなにのんびりとはしてらんない。
ここから東京か……正直帰るのめんどくさいw



てなところで、続きは次回に。

この後、ちょっとしたトラブルであわてまくるんだけど
以降は写真撮ってないから、つまんないよ多分w




ではまた。



ブログ村に参加しとります!全国のバイク乗りのブログがいっぱいあるんだなぁ。
このバナーを押したらほら…そこはステキなバイクの世界w

blog_import_4fbbbd75a3ea7.gif blog_import_4fbbbd761322c.gif   にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

もいっちょコッチもね。

バイク ブログランキングへ
09 / 25 / 18:20 (Wed)
コメント (14) / トラックバック (0)

| HOME |


older entry
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。