りふらふ (TL1000RとSuper Sherpa)

プロフィール

かっしぃ

Author:かっしぃ
suzuki TL1000R
kawasaki Super Sherpa
alfa 156 SWの8輪生活。

バイク好き、クルマも好き
音楽も好き、ギターも好き
好きなもんだらけで
困っちゃうねぇ…
(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)

twitter
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
記事一覧
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
welcome!
|д・) チラッ

ってことで、29日は某掲示板で知り合った皆さんと行ってきましたよ。

今年この集まりでは初開催。

予報ではイマイチっぽかった天候も回復に向かって良かったですな。




とりあえず9:00に港北なので、ゆとりを持って8:00ちょい前に出発。

このくらいの時間だと早起きの苦労も無くていいよね。

でも寒いやね、やっぱり。


夏場は蒸し風呂の山手トンネルも、冬場はチョット幸せ。



イメージ 9







港北で5台、中井で3台集って


計8台。



中井で合流のrokuさんが

撮ってくれた。アリガトー。

自分が乗ってる写真て

あんまりないから嬉しいね。














イメージ 1







港北で5台、中井で3台集って

計8台。

自宅を出た頃の曇り空も

この頃には青空に。

日差しもいい感じで

気温も増してきた。よしよし。













イメージ 2









快調なペースで富士川SA。

富士山はちょっと雲に隠れてた。

とまあ普通はこっちに目がいくんですが…











イメージ 6





なにげに気になる河口側の煙突の並ぶ風景。

工場萌えに良さげなポイントだなぁ、

と思って見てみたらヤッパリそうっぽいね



デジイチ買って暖かくなったら

行ってみるのもいいかなぁ。










のんびり会話しながらのツーなんで、現地に付く頃にはお昼時。

朝もロクに食べてないから楽しみも倍増ですよ。

高速降りて直行したのがココ。



イメージ 7







港のすぐそばにある食堂へ。

お客さんが大勢並んで大繁盛。













イメージ 8







壁にはメニューの写真がいっぱい。

こんなに有ったら悩んじゃうねー。













イメージ 10






結局刺し盛りの定食に。

マグロカツかカマ焼きか

真剣に悩んだあげくにお刺身…



食べたくなったらまた来ればいいのだ。











イメージ 11







厚めに切られたマグロとカツオ。

コレだけ有ればおなかも満足。













食後はひとっ走り、向かうは日本平。



イメージ 12









ここに来たのは

4~5年ぶりかな。

清水港がよく見える。















イメージ 3





事前に仕入れていた情報で

お茶鯛焼きが食べたかったのに

団体の分作ってて時間がかかるっていうから

あきらめた。











この頃には3時前くらいだったか。

あんまりのんびりしてると寒くなるので帰路へ。



富士川SAで休憩して中井PAで解散。

冬場は寒いし日も短いから、あっちもこっちもって訳にはいかないよね。

ゆとりのあるスケジュールで美味しいもの食べにお出かけ…

優雅な感じでいいじゃないかなぁ。



まあ気がかりと言えば、秋頃にタイヤを新調して以降

まったりツーとか、高速で距離稼いでばっかりだから

見事にセンターばっかり減ってるとこかな。






ああ、そうだ。

お仲間のしろもんじゃさんのバイクが今回でお別れのようだ。

なあんと次のバイクは新型Ninja 1000、ZX1000SX!!

これはこれで楽しみだなぁ。




イメージ 4







TDMとの2ショットもラスト。

キモチはだんだんninjaに…

なのでハットリくん顔で。











イメージ 5







さよなら…

TDM…











ツイン乗りが減るのは寂しいけどね。

でも新型おニンジャ様の走りが間近で見れるのも楽しみです。



ではまた。









ひとまず「ブログ村」っちゅうランキングに参加してみたよ。

ランク付けの仕組みがサッパリわかってないんだけど。

まあポチっとよろしくお願いします。



皆さんの「ポチッ」がブログ継続へのモチベーションになるんですぅ…

\¤\᡼\¸ 6\¤\᡼\¸ 7








スポンサーサイト
01 / 30 / 19:42 (Sun)
コメント (0) / トラックバック (0)


なんてことをホントはやってる場合じゃ無いんですよ。





ココ最近、書類書きの仕事がめっぽう増えてきて、

ある意味このスペースは自分の文才の無さを鍛えるべく


修行の場としての意味合いも


ほんのわずかながら有ったりするんですよね。





仕事の方が煮詰まってイマイチ進みが悪いんで、

本日は気晴らしがてらフラッと千葉に向かってみた。





というのも先日、病院の待合いにあった週刊誌で見たのが切っ掛けなんだが

妙な建物だなぁと思ったんで現物を見てみようかと。


なんてのは言い訳で、走りたいだけだったりしてw





で、向かったのがココ。




イメージ 1









しかし参ったことに今回、いつものカメラを持ってきたものの

バッテリーを入れ忘れてきてしまうという失態を犯してしまった。

なのでケータイでの撮影ということで。





それはいいとしてこのホキ美術館

雑誌で知った後、テレビでも見たような記憶が有ったんだが

なんだか人気なのか結構な賑わいっぷりだ。





先に言っておくとボク自身は美術館に通うとか

絵画を愛でるような高尚な趣味は全く持っておりません。





だがしかし、ここの展示物ってのは

写実絵画ばっかりを展示してるっていうのが興味を惹いた。





要はリアルさの追求ってことでしょ。


それなら今の時代は写真でいいんじゃね?って思うんだが、


画でリアルさを求めるってのは相当のテクニックが必要なんじゃないかと…





ギターにしてもバイクにしても、卓越したテクニックってのは

充分聴き応え、見応えのあるもんだしさ、

建物見るついでに中にも入っちゃえ!みたいな。





で、中に入る前にその建物を…



イメージ 2









こんな所なんですが。













イメージ 3





よく底が抜けねーなと。

宙づり部分も中は展示室で、

足下がガラスになってるから


中が見えんのね













イメージ 4



















ポッキリ折れたら大変だよね。



















ぐるっと見回した後に館内へ。


館内は案の定撮影禁止だったので、画像は無いけど中の造りも面白いね。





で、絵の方は確かに


遠目で見ると……「おお!写真みたいだ!

少しづつ近づいて行くと……「おお!絵だ!」

みたいな感じ。





でもスゴいよ。水とかガラスの透明感、メタリックな金属の質感と反射、

布のシワ、河原の石1コ1コとか本当にリアルなの。

近づいて見ると筆の跡とかで「絵なんだよなぁ…」っていうね。





ただオレのような絵画鑑賞の超ド素人から言わせてもらえば

全部ではないけど、ガラス付きの額入りの展示が正直もったいないなぁと。

食い入るように見てると、自分とかお客さんの写り込みとかが

少しウザいなって思っちゃった。





でも、このテの絵って言うのは

作者の感情がどうだとか、深みがどうのこうの…とか

余計なこと抜きに見れるというのはド素人には向いてるかもね。



イメージ 5





また1人で行くかっつうと

分からんが、

誰かと行くなら再訪も…

するかなぁw















出た頃にはお腹もすいた頃合い。

どうせなら前から行ってみたかった所に行こうと思い、

向かったのがココ。




イメージ 6







名前だけは前から聞いてた四街道インター近くの


バイカーズカフェBig-one実は実家からバイクで10分程度も走れば


来れる所だったんだけど初めての訪問。

丁度茨城方面からのマスツーのグループとかがいたのかな?



イメージ 7



なんか色々あったけど

ベジタブルカレーを。

スパイシーで美味しかった。



バイク雑誌がたくさん

置いてあったりして


ダラダラ過ごすのもいいかも。

また別の食べに来よっと。







店内のあったかさで、外に出るのもだんだん嫌になってきたが

そうも言ってられないので帰ることに。





実家にも立ち寄らず、四街道からも高速に乗らず


下道で武石インターまで向かうというセコい作戦をとって無事帰宅。






走り満喫って訳じゃないけども、冬場はこういった形でのお出かけの方が

トラブルが無くていいかもね。






ただ仕事の方は…

一向に進んでおりませんwww

(こんな記事書いてる場合でもないんだよ…)





ではまた。











ひとまず「ブログ村」っちゅうランキングに参加してみたよ。

ランク付けの仕組みがサッパリわかってないんだけど。

まあポチっとよろしくお願いします。



皆さんの「ポチッ」がブログ継続へのモチベーションになるんですぅ…

\¤\᡼\¸ 6\¤\᡼\¸ 7




01 / 23 / 23:13 (Sun)
コメント (0) / トラックバック (0)


正月休みにカウルに貼るステッカーを探してたらですね、


チョット気になるモノを見つけちゃったんですよ。





詳しく見たらオーストラリアのメーカーが作ってるらしい。

個人輸入なんてのは、まだネットやメールが普及してない頃に

アウトドアのウェアを注文して以来なんだけど


勢い余ってポチッちゃったんですね





それが昨日届いたらしいんだが、不在だったもんで

今日仕事から帰ってきて御対面。



イメージ 1









うーむ、思いのほか大きなハコだ。
















発注したのが今月2日で、14日に発送の連絡があって20日に到着。


国内通販と違って「届かなかったらどうしよ…」的な


ドキドキ感があるだけに、ここは優良なお店じゃなかろうか。


さあ、早速中を見ましょかね…





















じゃ~ん!!



イメージ 5











って、これじゃ

よく分かんね~な。



















実はコレ、この部分に付けるんですねー。




イメージ 6







そう!このタンクパッドに変わる

新たなタンクパッドなんですが。















国内だとクレバーウルフみたいな大きめのタンクパッドあるでしょ。

ああいうのがいいなぁなんて思ってたんだが

悲しいことにマイナー車の宿命で、ラインナップには無いと…



イメージ 7







実は手に入れて1ヶ月経たないうちに

腰にぶら下げてたキーで、

キズ付けちゃったのよね。















タンクって大概のヒトはキレイにしときたい部分でしょ。

ま、そんなことが有ったりすると

大きめなパッドでカバーしときたいなぁとか思う訳ですよ。





ちなみにこのオーストラリアのメーカーは

Geelong Carbon Craftっていうところの。


自社で発送までやってるみたいね



イメージ 8







ちなみに厚みはこんなくらい。

裏にはちゃんと両面テープが仕込まれてた。



















とりあえず現状のパッドを剥がしてステッカーもキレイに落とし、

磨いて脱脂したあと、仮に置いてみる…

















イメージ 9







なんかスゲー

存在感www

















イメージ 10














整形は大きな問題なく、ピッタリ付きそうだ。



赤単色のタンクが

すっかりツートンになった感じだなぁ。



















イメージ 2





ニーグリップするところは

全部カバー!!みたいなことかね。



もう少しヒキで見たいとこだが

この空間はそんなに広くないんだよね。













イメージ 3



正直言うと、つい先日の赤一色みたいなのも

悪くない気がしてたので

大きすぎな印象は拭いきれんな。

好みが分かれそうなパーツではある。



ただこんなの付けてる同車両は

そんなにいないと思われるので

そういう意味ではアリ…かな。










さあ、じゃ装着本番いってみようか…と思ったんだけど、



イメージ 4







この量の両面テープを貼るのは

ゆっくり落ち着いてやった方が良さそうな

気がするんで、明日に持ち越し。















ちなみに以前傷付けた部分が隠れればいいなぁなんて思ったが

ソコまでは覆いきれませんでした。





ではまた。











ひとまず「ブログ村」っちゅうランキングに参加してみたよ。

ランク付けの仕組みがサッパリわかってないんだけど。

まあポチっとよろしくお願いします。



皆さんの「ポチッ」がブログ継続へのモチベーションになるんですぅ…

\¤\᡼\¸ 6\¤\᡼\¸ 7




01 / 21 / 23:41 (Fri)
コメント (0) / トラックバック (0)

| HOME |


older entry