りふらふ (TL1000RとSuper Sherpa)

プロフィール

かっしぃ

Author:かっしぃ
suzuki TL1000R
kawasaki Super Sherpa
alfa 156 SWの8輪生活。

バイク好き、クルマも好き
音楽も好き、ギターも好き
好きなもんだらけで
困っちゃうねぇ…
(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)

twitter
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事一覧
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
welcome!
|д・) チラッ

ホントなら明日は相模湖プレジャーフォレストでやる


ロードライダーのイベントに行くつもりだったんだよなー。



けど台風ですか…

久々にバイクに乗れない週末だ。



なので昔のツーリング話を。









やっぱり北海道とか行きたくなるじゃないですか。



残念ながらボクはバイクで行った事が無いんです。

いや、行こうと思ったんだけど挫折しちゃったんだな。




古い話ですが、丁度前の職場をやめたのが2001年。

9月の半ばくらいだったかな。



先行きも決まってなかったんで、

せっかくならのんびり出掛けようと思った訳。

なんなら日本一周してやろうかくらいの気持ちで。





その頃乗ってたのはCRM250。




イメージ 1



なんだこれ!?カッコ悪くね??





ブラッドショーレプリカのステッカーにライトはBAJAのを移植、

それで17インチロードタイヤって…



これ以上無いってくらいのチグハグぶり…お恥ずかしい……

今だったらこんな見た目にしてないな、きっと。

ま、あの頃は見てくれはともかく、快適に乗れてりゃ良かったんですよ。





コイツで日本海側から北上。数日かけてとりあえず竜飛岬へ。




イメージ 2



天気はまずまずで、対岸の北海道もよく見えた。




イメージ 3



でもね、この時点で…













すっごい寒かったんです!!





Tシャツに薄っぺらな上着を着ていったもんだから

防寒対策まるで無し。



途中、秋田の古着屋でいくつか買ったんだけど


それでも足りず、北海道に行くのは自殺行為かと思い挫折。



仕方なしに本州を十和田湖、八幡平、龍泉洞、仙台などを

気の向くままに走り回って自宅へ。





それでも2週間満喫したんだけど、その時はこれでお腹いっぱい。

ケツも痛かったしね。あと旅先で2ストオイルを調達するのは面倒。







それ以降はそんなにゆとりのあるツーリングはしてないなぁ。

今思えばマジで日本一周しときゃよかったな。







しかしいつかは行きたい北海道。

待ってろよ~!!


イメージ 4













しかし今のTLで荷物積めんだろか?

スポンサーサイト
10 / 29 / 23:35 (Fri)
コメント (0) / トラックバック (0)


バイクの話もまだまだあるんだけど、TL-Rの話ばっかでもね。



バイクも好きですが、もひとつ好きなモノ…

中学の終わり頃から続いてるのがギターなんです。



さすがに仕事してると、触れる時間もグッと減ってしまうんだけど

なるべくいじれるようにしてるつもり。





でもうまくなんねぇな、やっぱ。

チョット弾いても手グセばっかりだし。

新しい事にトライしないと成長しない…広がりが無い…

ま、そういいながらもやめらんないんだなぁ。





で、普段使ってるのがコイツら。



イメージ 1






手前のがDavid Thomas McNaught(デヴィッド・トーマス・マクノウト)っていう

ヒジョーにマイナーなアメリカの小さな工房の1本。

手持ちの中では一番新しい……つっても2年くらい前に手にしたもの。

手に馴染んで、とっても弾きやすい。




んで、真ん中はギブソンレスポールのヒスコレ、97年58モデル

ヒスコレでもあんまり話題にならない時代のかわいそうなヤツ。

ネックも音もズ太いパワフルな1本。

30才の記念に買ったのかな。




奥のはDragonflyっていう国産のマイナーなメーカーのもの。

オールマイティーに使える器用なタイプ。

あと映ってないので2本あるけど割愛。




アンプはレイニーのクロームオゾンていう

これまたあんまり出回ってなさそうなヤツ。

しかし最近は別の機材で、PCから音出してばっかり。

今度スタジオでも入ってさ、思いっきり鳴らしたいなぁ。






結局バイクでもそうなんだけど、マイノリティ志向というか

人が選ばなそうなものに惹かれるのよね。



で、基本買ったからにはトコトン最後まで付き合う。

あれこれ買ってはすぐ手放すっていうのがイヤなんです。










興味ない人はサッパリ分からない世界ですな。

まあいいんです、こういうのは自己満で。



ていうかバンドもやりたいなぁ…

でもいろいろ難しいんですよねぇ。

時間やらなにやら…





ではまた。


10 / 27 / 23:55 (Wed)
コメント (0) / トラックバック (0)


TL1000R。



イメージ 1





兄貴分?のTL1000Sが登場したのが97年。



ヌラーっとしたカウルがカッコよくて

この時代の国産のデザインでは、自分的にかなりのインパクトだったんだよなー。



ヤマハはTRX、ホンダがVTRっていうスポーティーなツインの流れの中では

ダントツで気に入ってた。







で翌年Rが登場して、またビックリ。

なんてカッコいいんでしょう…



トンがった顔にボリューム満点のケツ、カチあがったマフラー…

ん~たまらん!てな感じで。







けど、当然大型免許は持ってなかったし

あの頃は仕事で、どうにもゆとりが無かったし

街乗り通勤に大型いらんだろと思ってたから、乗るまでには至らなかった。



あの時、行動力が有ったらなぁとチョット後悔。







しかし世間の評価は「ロリダン(ロータリーダンパー)がクソ」

「曲げにくい乗りにくい」「下のトルクが無い」「フレーム剛性有り過ぎ」

などなど悪評三昧。



スズキが生んだ欠陥バイクの烙印を押されてた…



その後出たハヤブサに人気を持ってかれてたからなぁ。



確かにRは打倒ドカで開発されたくせしてロクにレースも出てなかったし仕方ない。

開発したスズキがサジ投げてんだもん。







あ、でもボクの場合はそんな評価は関係無し。

だって他の大型乗った事無いからさ、比較論にならないんだな。

走ってダメなのは自分のウデの無さという解釈なんで。



とはいえ、やっぱりロリダンは定番のオーリンズに。







イメージ 2






他にもいじりたいとこあるけど、少しづつね。







とまあ今回はこんなところで。


10 / 26 / 21:46 (Tue)
コメント (0) / トラックバック (0)

| HOME |


older entry